Outer Rim

特にザク、グフ、ドムのMGをパチ組みしてます。ITぽい仕事してる息抜きとして。色々作ってますが、全て宝物です。

MGシンマツナガ専用高機動型ザク

胸の白パーツは先日のストームトルーパーザクに譲っていた。胸の灰色の余剰パーツあるけど、そのままだとシンマツナガ機として組めない。そのため塗装して遊ぶことにした。特にテーマもモチーフもなく、単純にラップ塗装をやってみようと思い、灰色成型色のところだけ部分塗装した。

f:id:keimann:20190428120731j:image

ラップ塗装部分はクリアーじゃなくて、半つや消しトップコートを吹いた。未塗装部分に合わせるためツヤツヤさせるのはやめた。

f:id:keimann:20190428122501j:image

だから何?というのがないのが困る。ちょっと豪華なシンマツナガ機くらいな感じ。

f:id:keimann:20190428120743j:image

いや、ゲーミングマウスの表面こんなんじゃなかったか?

f:id:keimann:20190428125057j:image

ゲーミングデバイスエディション、というにはあとは胸の色を再考すればいか。

さてこのブログ恒例のキット間のパーツ入れ替え、大体は余剰パーツでなんとかなってきたけど、プロトタイプグフの足パイプとホワイトオーガーの靴底パーツはどうにもならなかったので、部品注文して復活させた。

実はシンマツナガザクの胸パーツも注文したが、間違えて灰色の余剰パーツのほうを頼んでしまった。。正しい部品を頼んでおけば、普通にパチ組みできたのに。

f:id:keimann:20190428121050j:image

もっというと、塗装してから令和の慶祝カラーの存在を知った。タイミング的に慶祝カラーに塗装すれば良かった。。中々うまくいかない。

▽この記事の続き

MGザク2.0 ホワイトオーガー2体目

ホワイトオーガー2体目の胸と膝の黒いパーツは、先日のコーラザクに譲っていた。

じゃあホワイトオーガーどうするの、というとさらに別のキットからパーツもらってこうした。

f:id:keimann:20190426160548j:image

モノアイのみガンダムマーカーで塗装。成型色がぴったり合う胸と膝パーツを見つけて、前回よりストームトルーパー感を増したつもり。

f:id:keimann:20190426175814j:image

後ろ姿はホワイトオーガーのまま。肘とバックパックカバーで白の成型色のものが存在しないため。

f:id:keimann:20190426160620j:image

胸と膝はシンマツナガザクから(膝のみ余剰パーツ)。最初、胸はユーマライトニングザクの余剰パーツを使ったけど、成型色が微妙に違ってるのが気になり、泣く泣くシンマツナガザクの部品から取った。

部品注文できたらなぁと思って、バンダイのホームページ見たら部分在庫あるじゃん!こないだまでなかったからシンマツナガザクを新品で買ったのに。。

話戻って、ガトーザクかなんかの肩の余剰パーツ使って一部オシャレにした。

f:id:keimann:20190426160736j:image

f:id:keimann:20190426160744j:image

何気にここカッコいい。でもストームトルーパーかどうかと言えば怪しいところ。

もっと近づけるために、シールの切れ端使って目の周りを変えてみた。

f:id:keimann:20190426164527j:image

悪ノリだった。。

f:id:keimann:20190426164538j:image

▽この記事の続き

ただの個人的な振り返り

先日ドワッジの記事を書いてから、この辺境のブログへ訪問者が増えた。はてなブログに月額課金して広告を消しているので、怪しいサイトとは思われなかったと思う、たぶん。。ガンプラパチ組みに関して、何かしらお役に立てれば嬉しい限り。そしていつも読んでいただいてる皆さまありがとうございます。ザク、グフ、ドムばかりで食傷気味かもだけど。。

小学生以来ガンプラに再度ハマって9か月。そして平成も終わりということで、振り返りをしてみた。個人的に良かったキット7個をこつぶっこ表彰形式であげていこうと思う(誰得記事)。

 

パチ組みだから動かして楽しいで賞

よく動くし壊れないし財布にも優しいキット。アニメのポーズなんか取ってみると本当に楽しい。フレームから組み立てるからこそメカメカしさの実感が湧く。なおドムだと同じくらい動かすと壊れる。

 

ブルークリアがキレイに透けるで賞

とにかくブルークリアがキレイなキット。またクリアカラーザクと比べてちょうどいい透け具合で、内部フレームの重厚感も感じられる逸品。もはや芸術品。なぜこれをプレバンで売らないのか。

 

ありそうでないキットで賞

ザクver2.0のレッドクリアという架空キット。シャア専用に囚われるとピンクとかオレンジになるので出ないのかも。メカニカルクリアザクをベースにしたパチ組み風作品。

 

3体組むのが楽しいで賞

専用台座が付いてるので、誰でも簡単にジェットストリームアタックが再現できるキット。パーツ数少ないのにMGより出来のいいHGで、ヒート剣が1本だけ発熱状態とか、細かい配慮で3体組むのが楽しい。

 

ドムver2.0が待ちきれないで賞

大体ドムver1.5なキット。細かい関節のアップデートがあって、ガシガシ動かしても壊れないドム。バンダイのドムver2.0の開発資金源になるなら喜んで買いたい。

 

何か手を加えたくなるで賞

パチ組みだとちょっと色味が変なキット。普段やらないのに汚しや塗装かを試したくなる不思議。紫部分だけライトカーキに塗装すると簡単にサンドカラーにできる。

 

パチ組みで美しい仕上がりになるで賞

コーティング品ながらゲート跡の塗り直しも爪以外しなくて大丈夫。量産型と違い、動力パイプがチラ見えする手足のフレームが素敵。ザクやギャンのエクストラフィニッシュより金属感がある。

 

今後はホワイトオーガーの2体目を組みつつ、令和になったらこのあたりの積みも崩していこうと思う。

f:id:keimann:20190424224542j:image

このペースだと夏頃には作るキットがなくなって、ブログも終わりそうな気がする。。

コーラ風のザクのツノをどうするか

先日作ったコカコーラ風レッドクリアザク、どうもツノがないのが気になる。ベースがS型なのでツノは必要でしょ。

f:id:keimann:20190423085207j:image

J型に変更する方法も考えたが、クリアパーツ付きJ型は腕だけがクリアなので変更不可。(類似のクリアパーツ付きS型はふくらはぎがクリアなのに!)

やはり探すのはツノ。先日の黒い三連星ザクのツノは紫がかってるので違和感ある。逆にホワイオーガーの白ツノを挿してみたら、妻から「ストローみたい」と言われた。

なるほどストローかと思い、白ツノに色を付けてみた。

f:id:keimann:20190423220739j:image

うーん、ストローというかカラーコーン。

ならば透明のストローと思い、クリアーのランナーを曲げて挿してみた。

f:id:keimann:20190423221040j:image

これはいい感じ。でも少し離れたら全く見えない。

少しクリアーレッドで着色してみた。

f:id:keimann:20190423222648j:image

うーん、さっきのほうがよかったかも。なんかハマりつつあるので、いいストロー素材が見つかるまで中断。

あとシールドに予備弾倉(予備コーラ)をくっつけた。このデコは会社で毎日コーラ飲んでる同僚(モデラー)から褒められた。

f:id:keimann:20190423222759j:image

また別の友人からクリア研ぎ出しをすすめられたけども、パチ組みの雰囲気を大事にしたいので今回はパス。というかそんなスキルがない。。

▽この記事の続き

MGドワッジ

さすがほとんどドム。サクッと作れる割にカッコいい。

f:id:keimann:20190421163635j:image

f:id:keimann:20190421170958j:image

スカート裏のバーニアも増えたよ。スカートの丈長すぎで見えないけど。

f:id:keimann:20190421170738j:image

同じように見えないところでMGドムから改良点がたくさんある。アピールされてるのが股関節と肩関節だけど、個人的にもっと嬉しいところがふたつあった。

ひとつ目が腕の内部フレーム。ドムは腕のフレームがなくスカスカだった。

f:id:keimann:20190421163336j:image

ドワッジでしっかりフレームができた。

f:id:keimann:20190421080616j:image

これ見えないところの自己満足じゃなくて、機能的にすごくメリットがある。腕を動かしても上腕の接続部分(正確にはその根元)が壊れにくい。

f:id:keimann:20190421080756j:image

ドムだと上記パーツの根元が外装どうしの接続なので、赤枠で囲ったところが弱い。実際に腕動かしてたら折れたことあった。

f:id:keimann:20190421163118j:image

欲を言えば、ドムの既存外装の中に入れこめるような内部フレームの作りにしてほしかった。そしたらドワッジからフレームだけパクって換装したのに。。

んで、ふたつ目の改良点は足首関節。

f:id:keimann:20190421164151j:image

ドムとパーツ形状がほぼ同じで、少し柔らかめの素材の足首が追加されていた。つまり硬めの足首パーツがそのまま余剰パーツになった。

f:id:keimann:20190421164114j:image

そこまでして素材変えた理由はすぐにわかった。信じられないくらい簡単に、足首を曲げたり伸ばしたりちょっと捻ったりできるようになった。

f:id:keimann:20190421164339j:image

ドムでこんなことしようとすると、パーツ硬すぎて足首関節が丸ごとガコッて靴底(?)から外れる。で外れる時にダボが折れる。

ドワッジで股関節の可動域を広げたことに、足首がちゃんとついてこれるのはこの改良のおかげ。既存ドム用にこの足首だけ部品注文しようかな(笑)

f:id:keimann:20190421164959j:image

つまりMGドワッジは動かせる範囲が広がっただけでなく、ガシガシ動かしても壊れないドムだった。

余談だけど、腰のボールジョイントはドムと変わらなかった。実はこっそり改良を期待してたところ。

f:id:keimann:20190421170348j:image

ここ改良しないとクリアカラーバージョン出すには厳しいから。。

f:id:keimann:20190421170516j:image

なおHGは改良されてる。。

f:id:keimann:20190423200423j:image

こういう見えないところでもクリアカラー好きには大事なポイント!ドムver1.5出すなら、ギャンの腰に入ってるような目隠し用内部パーツを追加してほしい。それかここも直したドムver2.0出してほしいなぁ。

言い忘れたけど、ドワッジの肩関節部分もドムの外装パーツがハマりそうでハマらない。肩関節を流用したドムとしては組めないのでご注意を。

f:id:keimann:20190430153534j:image

▽この記事の続き

MGザク2.0 コカコーラ風レッドクリア

MGドワッジ届いたんだけど、内部フレームそのまま既存ドムに流用できないことが分かり、ドムver1.5化計画は頓挫した。天気も良かったし先にこいつを完成させた。

f:id:keimann:20190420211631j:image

もし2.0のレッドクリアバージョンってキットがあって、パチ組みしたらこうなるだろうって設定で作った。

f:id:keimann:20190421074319j:image

f:id:keimann:20190420222559j:image

前回に続きアクリジョンの最初の塗料垂れをリカバリするために重ね吹きすること計5回。慣れてきたら残りの外装は3回重ね吹きで良い感じに。結局こんなに使うハメに。。

f:id:keimann:20190420213040j:image

イージーペインター1本でハガキ1枚って。。MGの塗装で使っちゃダメだわ。

f:id:keimann:20190424221705j:image

なんか塗装面が表面がブツブツしてる(アクリジョン特有の梨地ってやつ?)のをならすため、仕上げにMr.カラースプレーのクリアーレッドでひと吹きした。全然ならされなかったけど、アクリジョンの上からラッカー吹けるっていうのは本当だったのね。アクリジョンはクリアパーツ保護のための下地に使ったってことで。

f:id:keimann:20190420211643j:image

ちなみにツノがないのは元から。組立済みのジャンクを買ったので付いてなかった。強引につけるとしたらこう。

f:id:keimann:20190420214102j:image

てかネタにならないくらい微妙。黒い三連星ザクのツノつけてもなんかしっくりこない。

f:id:keimann:20190421073948j:image

あと胸と膝と足裏パーツはホワイトオーガーの2体目から拝借したもの。パイプはプロトタイプグフから。足の内部フレームはEXPO限定クリアカラーのと交換。もらった部分は無塗装なので、メカニカルクリアザクの塗装品というよりはパチ組み風な仕上がりにできた。

ほんとのパチ組みのF2と並べた。

f:id:keimann:20190420212307j:image

やっぱ2.0はしっかり内部フレーム(今回で言うところのコーラ)入ってるわ。

しつこい謎のコカコーラプロモーション。

f:id:keimann:20190420213022j:image

暑くなってきたのでコーラがうまいわ。

 

▽この記事の続き

コーラ風のザク2.0を作ろうの続き

前回あまりの塗料垂れに心が折れて、打ち切りのつもりだった。元美術部部長の妻から「大丈夫、味だよ味」という励ましにより、塗装継続。外装パーツ中心に4回吹いた状態で、リカバリできたようなできてないような。

f:id:keimann:20190418215319j:image

段々コツもわかってきた。まず説明にあるアクリジョンの希釈比は1:1だと薄すぎる。塗料とエアブラシ用希釈液の比は5:1くらい。重ね塗りするにしたがって3:1くらいでもいいかも。あとしっかり離して遠くから吹く。つまり!めちゃくちゃ塗料とエア缶の消費が激しいということ。

4回吹いても未だにまだらな箇所が残ってるので、あと何回吹けばいいんだ。。

f:id:keimann:20190418220742j:image

既にアクリジョンのクリアーレッド3瓶と、イージーペインターのエア缶1.5本消費した。かなりヤバイものに手を出してしまった。

f:id:keimann:20190418215418j:image

救いを求めてMr.カラースプレーのクリアーレッドを買ってみた。試し吹きしてみたら、まあなんとキレイに塗装できること。1回吹いてこれなので2、3回で十分そう。

f:id:keimann:20190418215605j:image

なんだけどラッカーがとってもクサい。乾燥中もクサい。ラッカーのクリアパーツの侵食も心配だし、仕上げ用途で使おうかしら。。

とりあえずアクリジョンは5瓶買い足した。エア缶はエアダスターで代用する。

f:id:keimann:20190418215625j:image

まだしばらく塗装続きそう。早くドワッジ届かないかなぁ。

▽この記事の続き

クリアカラーザクの内部フレーム入れ替え

またクリアカラーザクを無塗装でアップグレード。

前回のモノアイの入れ替えに続いて、今回はメカニカルクリアザク(ジャンク)と足のフレームを入れ替えた。

f:id:keimann:20190416190825j:image

最初の組み立て時の記事でも書いたけど、ライトグリーンの透明度が高すぎて、内部フレームの単調さが気になってた。多少はマシになったかも。

材料にしたのはこれ。

f:id:keimann:20190416193453j:image

入れ替えの際にクリアパーツやガンメタのABSパーツが硬すぎて、いくつかパーツのピンを折ってしまった。。目立たない箇所で良かったけど、心は折れた。

そんな代償を支払った部分を拡大。

f:id:keimann:20190416190850j:image

f:id:keimann:20190416191251j:image

分かりづらいので、前回のと比較。

f:id:keimann:20190416194837j:image

これにてクリアカラーザクは完成。

逆にメカニカルクリアザクのほうはフレームをガンメタに統一できた。外装をクリアレッドで塗装してコーラ風にするので、むしろ内部は単色のほうが都合がいい。前回塗装大失敗して続きをやるか怪しいけど。。

 

▽この記事の続き

コーラ風のザク2.0を作ろうとしたが

シャア専用ザク メカニカルクリアの組立済みを買った。ツノなしジャンクなのでお安く買えた。ちなみに新品だととっても高価。

早速バラした。内部フレームは2色なのね。

f:id:keimann:20190414223541j:image

この外装をレッドクリアで塗装して、コーラっぽくしようという試み。

イメージは先日のF2ザク。

f:id:keimann:20190413102823j:image

f:id:keimann:20190413102809j:image

さてバラしたパーツを見てみると、普通のニッパーで切ってるせいかゲート跡が白化してる。

f:id:keimann:20190414224229j:image

白化というか細かいヒビ割れなのでヤスリやコンパウンドしても消えなかった。ダメ元で流し込み用接着剤を付けると、いい感じに染み渡ってゲート跡が目立たなくなった。

f:id:keimann:20190414224516j:image

よしこれでいこう。

今回クリアパーツの塗装ということで、慎重を期して水性塗料にした。塗膜が強いと噂のアクリジョンを買った。エアブラシないのでイージーペインターとセットでスプレー塗装。

f:id:keimann:20190414224713j:image

そしたらこれが大失敗。良い感じに塗れたと思って乾かしてたら、めっちゃ垂れてる!

f:id:keimann:20190414224738j:image

f:id:keimann:20190414224907j:image

元々ジャンクでツノがなくてどうしようか悩んでたけど、この垂れ事件でツノなどどうでも良くなった。しかも外装の半分を一度塗りしたくらいでアクリジョン1瓶なくなったので、もう買う気がしない。。

しばらくこの塗装の話が続く予定だったけど、1話で打ち切りかも。

▽この記事の続き

HGオリジン 高機動型ザク

キッチリ3体作った。劇場限定リミテッドクリアの黒い三連星。

f:id:keimann:20190416110340j:image

結果的に3体になったのではなく、最初から3つ積んで挑むと結構な修行感がする。

f:id:keimann:20190322215054j:image

特に余剰パーツが半端なく、もったいなくて捨てられないパーツが積もって気が重かった。その上、2体目の最後のほうでニパ子が折れる事件が発生。心も折れた。

f:id:keimann:20190324194312j:image

クリアパーツ径1mmまで対応なのを無理させてたのが悪かった。でも普通のニッパーでゲート切ると、ゲートからパーツ方向にパキッってヒビが入るからしょうがない。しばらく3体目は手付かずだった。

その後、切れ味は落ちるがクリアパーツ径2mmまで対応のブレードワンニッパーを購入して組み立て再開。

f:id:keimann:20190416105910j:image

ラメ入りのクリアカラーが、宇宙感を出していて、これぞオリジンって感じがして良い。目もキラキラに変えた。分かりづらいけど。

f:id:keimann:20190416094844j:image

なお、ブログを見てくれてる友人より「ザク以外はよ」というごもっともな指摘を受けた。20日頃にはドワッジが届くのでそれまではザクで辛抱してくれ。。

f:id:keimann:20190416094808j:image

▽この記事の続き