Outer Rim

主にザク、グフ、ドムのMGをパチ組みしてます。たまにスターウォーズのレゴとかプラモデルも。

LEGO 77904 Nebulon-B Frigate

ネビュロンBフリゲート。スターウォーズで出てきた反乱同盟軍の病院船。

プラモデルじゃないけどレゴで見つけたので、即買い。去年、帝国の逆襲の公開40周年だったのね。

f:id:keimann:20210215213600j:image

パッケージアートがカッコ良すぎる。

現物はもっとあっさり目のグレー。

f:id:keimann:20210215214346j:image

いい感じのデフォルメ具合。

f:id:keimann:20210215214124j:image

このごちゃごちゃしたところ最高。

f:id:keimann:20210215213956j:image

それとこのブースターの大きさがちょうどいい。大きすぎるとバランスが悪くなる。

f:id:keimann:20210215213942j:image

そしてたぶんこれミレニアムファルコン。

f:id:keimann:20210215220205j:image

イベント限定品だったらしく40ドルのものが3倍くらいの値段になってた。少しでも安く買うべくAmazon USで購入。ほんとはこれのプラモが欲しところ。ビークルモデルのサイズじゃなくて、もっと大きいやつで。

MG グフ Ver.2.0 クリアカラー 4体目

しばらくクリスタルパズルばかり作ってた。作るのも飾るのも楽しくてすごい数に。

f:id:keimann:20210128090319j:image

日本で手に入らないものはAmazon USで買ってみた。ちなみに飾ってるケースはプラスアート社のアクリルケース。シンプルで美しい。

そんな透明感に囲まれて気持ちが高まってきたので、4体目となるクリアカラー グフに手をつけた。これまでと違ってB型で組んだ。

f:id:keimann:20210201124235j:image

フレームのないフィンガーバルカンもそんな気にならない。

f:id:keimann:20210128091331j:image

クリアカラーもメッキとは違ったキラキラ感があって良い。動力パイプはまるで管玉。

f:id:keimann:20210128100546j:image

ヒートロッドはガンメタリック。クリアじゃないところは重厚感ある。

f:id:keimann:20210128094515j:image

ギャンとかゲルググと一緒にプレバンでクリアカラー出してくれないかな。

f:id:keimann:20210128100316j:image

さて、あと2体クリアカラーグフの積みがあったりする。そして冒頭のクリスタルパズルで一番難しかったのはぶどう、というのを付け加えておく。

ガンプラパッケージアートコレクション6

年越ししたくない話題。惰性で買い続けてるシリーズ。

第6弾となるともはやHGがメイン。若干のコンプの期待と様子見兼ねて中途半端な2箱買い。

出だしからHG。

f:id:keimann:20201231222706j:image

シンマツナガザクのようにいい感じのキラカードが混じるのが憎い。

ちなみに第5弾で4箱買いしても入ってなかったサイコザクもいい感じ。あとでバラ買いした。

f:id:keimann:20201231223011j:image

なんやかんやで第6弾もコンプしたくなり、1箱追加買い。それでも揃わなくてバラ買い。最初から4箱買いすれば良かったか。

個人的に良かったのはこのあたり。

f:id:keimann:20201231223324j:image

旧キットとSDでそれぞれシリーズで出してもいいレベル。

あとHGターンエーも良かった。キラカードとの相性抜群。

f:id:keimann:20201231223339j:image

もうバインダーがパンパンなので、新しく買った。ここまできたらこの先もコンプし続けることにした。ところでMGリックドムのカードはいつになったら出るのか。

SDガンダム クロスシルエット ハローキティ/ザクII

しばらくブログ書いてなかった。ドワッジのメッキ方法を間違えて心が折れていた。余計なことをした自分が悪い。

そういうときはパチ組み。少し前に量販店でハローキティのザクを見つけて買っていた。

f:id:keimann:20201219201854j:image

キティちゃん興味ないしスルーしかけたところ、箱の側面にグロスインジェクションって書いてあるの見つけた。

f:id:keimann:20201219202656j:image

完全に成型色目当てで買った。

そしてグロスインジェクションを前面にアピールしてない理由がすぐにわかった。

f:id:keimann:20201219215523j:image

キュベレイアンベリールのような成型色の美しさがない。

通常の成型色と比べてみた。

f:id:keimann:20201219215815j:image

ちょっとテカってるくらい。

f:id:keimann:20201219221407j:image

武器類は脂でテカテカしてるみたい。

しょうがないので、キティちゃんに組み替えた。

f:id:keimann:20201219223648j:image

全く期待してなかったので、あまりのカッコよさに驚いた。仕事選ばないとは聞いていたけど、マシンガンがとても似合う。

f:id:keimann:20201219223856j:image

あとキティちゃんの頭がグロスインジェクション感が強い。

f:id:keimann:20201219221815j:image

余ったキティちゃんの胴体にザクを載せると、すごくかわいいザクができた。
f:id:keimann:20201219221812j:image

なるほど、これは確かにグロスインジェクションのザクIIではなくて、キティちゃんメインのキットと理解できた。

MG ガンダム試作1号機 パワフルキャンペーン

香港限定のキットに手が付けられてないのに、今回はそれよりさらにレアなキット。

f:id:keimann:20201124205853j:image

なんとゼフィランサスのメッキ仕様。

フルバーニアンのコーティングバージョンとの違いが、この水色メッキ。

f:id:keimann:20201124211358j:image

それとダークグリーンみたいなメッキのフレーム。
f:id:keimann:20201124211353j:image

外装のランナーは細かい傷がたくさんあったので写真なし。逆に傷まみれだったので、よし作るぞって思い立った。

確か初期のほうのMGにも関わらず、脚のフレームが全部ある。外装付ける前に写真撮った。

f:id:keimann:20201124211805j:image

元が細身なのでヒョロヒョしてる。しかしキラッキラ。

f:id:keimann:20201124211858j:image

外装付けた全体がこちら。

f:id:keimann:20201124214846j:image

ガンダムそんな好きではないけど、これはカッコいい。

f:id:keimann:20201124214856j:image

これが日の目を見ないままになっていたのが不思議。

フルバーニアンのコーティングバージョンと並べてみた。

f:id:keimann:20201124211111j:image

並べるとフルバーニアンでかい。

にしてもこの水色が爽やかでいい感じ。

f:id:keimann:20201124214922j:image

f:id:keimann:20201124221503j:image

シールは貼らなかったけどメッキのおかげで違和感なくていい。

f:id:keimann:20201126002855j:image

きらきら工房さんで近しいものを作ろうとすると、ブルーとレッド2、外装が艶消しクロームで、フレームはブラックあたりか。値段的にもそっちのほうがおすすめ。

MG リック・ドム メッキ&クリア 2体目

以前背骨スケスケ問題で2体目手放していたのに、また買い直してしまった。

f:id:keimann:20201111191813j:image

というのもブラックライトを買って遊んでいたら、こいつが光ったのだ。

f:id:keimann:20201010195359j:image

これは買い増すしかないでしょ。

せっかくなのでランナーの写真も撮ってみた。まずはメッキランナー。

f:id:keimann:20201111202250j:image

次に薄紫色のクリア外装。光るやつ。

f:id:keimann:20201111202445j:image

お気に入りの無色の裏打ちパーツ。

f:id:keimann:20201111202502j:image

モノアイはドワッジのクリアピンクと交換した。このモノアイも光るやつ。

黒色ランナーはクリアブラック。

f:id:keimann:20201111202739j:image

武器類は濃い目の成型色。ポリキャップはクリアホワイト。

f:id:keimann:20201112100535j:image

見てるだけで幸せになるランナー構成。組み立て始めるまでに時間がかかった。

で、組み立て途中のキラキラ下半身。

f:id:keimann:20201116085956j:image

メッキされたフレームと透明のレッグカバーがとても良い。

f:id:keimann:20201116090929j:image

上半身取り付け。

f:id:keimann:20201116090026j:image

ふくらはぎ以外カバー取り付け。

f:id:keimann:20201116090145j:image

これはもう当時のイベントで12機買いしたい。

f:id:keimann:20201116091154j:image

1体目と並べてみたら、どっちが今回作ったものか分からなくなった。

f:id:keimann:20201116091204j:image

そしてついにMGドムのVer.1.5的なものが発売とのこと。

胴体も新規パーツなので、背骨問題が解決している可能性もある。HGでできてるので、MGでできないはずがない。

となるとクリアカラーの可能性が一気に高まり、これは2021年期待できる!プレバンでガトードムやラルドムも出そうな予感。

MG ガンダム試作1号機 ゼフィランサス

どうもゼフィランサスのメッキ仕様というのがあるらしい。手に入るか分からないので、通常のキットをメッキ加工に出すことにした。

いつもダボ周りのメッキ除去が大変なので、今回は試験的に裏面をマスキングでメッキされないようにした。

f:id:keimann:20201105095205j:image

こんな感じ。
f:id:keimann:20201105095213j:image

ところが思わぬところで問題発生。例えば足裏のパーツでいうと、縁の部分が露出するの考慮できてなくメッキが足りなかった。

f:id:keimann:20201105095746j:image

またメッキの境目が増えたので剥がれやすくなった。ハッチ閉じるときも縁から少し剥がれた。他にも段落ちモールドがメッキされてないとか、最後まで片面メッキの弊害に苦しんだ。つまり全然組みやすくなかった。

一応出来上がったものは(遠目で見る分には)カッコいい。

f:id:keimann:20201107213431j:image

※友人からフンドシの上下逆との指摘があり修正済み。

今回は珍しくシールを貼ってみた。結構ズレてしまった。

f:id:keimann:20201107213445j:image

バックパックやフレームは敢えてメッキしなかったけど、違和感もない。

f:id:keimann:20201105214827j:image

出来上がりは問題ないはずが、作る過程で苦しみすぎたので、心の傷を癒すためにもう1体買ってやり直すか悩むレベル。

f:id:keimann:20201107213456j:image

そしてドワッジを片面メッキですでに加工依頼してしまったので、今激しく後悔しているところ。

クリアパーツの裏面メッキ

このツイート見て、とりあえず試してみたいという衝動に駆られた。

何かないか探したところ、以前使いそびれたケンプファーのスペシャルクリア外装パーツが見つかった。

f:id:keimann:20201104001521j:image

完全に余剰パーツなので、迷わずマスキングしてきらきら工房さんに加工依頼。

で、仕上がりのランナーがこちら。

f:id:keimann:20201104002013j:image

マスキングテープ盛りすぎた。
f:id:keimann:20201104002017j:image

早速ケンプファーに付けてみたら、壊れた外装付け替えたけどまだ塗装前みたいな状態になった。

f:id:keimann:20201104214732j:image

このままだと違和感ある。

f:id:keimann:20201105001620j:image

しかもクリアパーツが経年で若干黄ばんでいて、それが目立つのも気になる。

試しに片側だけクリアカラーでスプレー塗装してみることにした。

f:id:keimann:20201105001450j:image

裏面のモールドがフレームに見えなくもない。

f:id:keimann:20201105012900j:image

肩も同じ。ただ胸は裏面がギザギザになっていて、透けることを前提にしてないっぽい。

f:id:keimann:20201105002049j:image
勢いで両側ともスプレー塗装したら、爽やかなケンプファーになった。
f:id:keimann:20201105090154j:image

後ろのバーニア群もメッキするとキレイなのかも。

f:id:keimann:20201105090246j:image

試した感想としては、色付きのクリアパーツのほうが合う。そして使い方難しい。

SDガンダム クロスシルエット ザクII

前回のクリアカラーザクのためにSDフレームを取り上げられたザクII。

f:id:keimann:20201028093221j:image

売るにも二束三文なので、背の高いCSフレームで組み立てた。

f:id:keimann:20201028095423j:image

クリアカラーよりマシだけど、やっぱり頭身が気に入らない。

SDフレーム目当てにまたザクを買うと無限ループになるので、ニコイチで遊ぶためのキットを買った。

f:id:keimann:20201028093528j:image

つまりZザク。

f:id:keimann:20201028095810j:image

ほんとの頭はハイザックと思ってたけど、ちゃんとザクIIで合ってた。ZZのアニメは宇宙に出る前に心が折れて観るのやめたので、詳しいことは知らなかった。

何これかわいい。

f:id:keimann:20201028221724j:image

そして余ったパーツを組み合わせると、どうしようもないのができた。

f:id:keimann:20201028221742j:image

の割にそんな違和感ない気もする。

さて、メッキ加工の依頼品が早ければ週末に届きそうで楽しみ。

SDガンダム クロスシルエット ザクII クリアカラー

MGザクIIのクリスタルバージョンが気に入ったので、もうひとつクリアカラーをおかわり。

f:id:keimann:20201012084855j:image

ガンダムベースに行けないので中古屋で購入。

タッチゲートがニッパーでうまく切れなく、どうしてもクリアパーツが白化してしまう。そのあたりは諦めてサクッとパチ組み。

f:id:keimann:20201012093933j:image

フレームがあるので最近のHG感がする。

f:id:keimann:20201012094438j:image

やけにフレームが露出するなと思ったら、これ背が高いほう(CSフレーム)だった。

f:id:keimann:20201012100242j:image

背の低いSDフレーム持ってないので、すぐに気付けなかった。というわけで通常版を買い直し、フレーム入れ替え。

簡単にできると思ったら足の甲のクリアパーツがどうしても取れない。パーツオープナーねじ込んで周辺パーツ含めてキズとヒビが入った。足(靴?)のフレームだけ共通にしとけばいいのに。

苦労した甲斐あって、理想の大きさになった。

f:id:keimann:20201012213948j:image

これこれ。こんなに違う。

f:id:keimann:20201012220231j:image

ちなみに背は低くても頭はデカい。MGのVer.1.0かそれより少し大きい。

f:id:keimann:20201017152823j:image

なのでこんな使い方もできる。

f:id:keimann:20201017152901j:image

さて、余った通常版の外装どうしようかな。