Outer Rim

特にザク、グフ、ドムのMGをパチ組みしてます。ITぽい仕事してる息抜きとして。色々作ってますが、全て宝物です。

コーラ風ザクのツノ問題が解決

長かった。。ツノなしジャンクから塗装してやっぱりツノほしいよねってなり、色々試行錯誤してこうなった。

f:id:keimann:20190509235938j:image

拡大するとこう。

f:id:keimann:20190510000013j:image

正面からはこう。

f:id:keimann:20190510000146j:image

ちょうどいい感じのミニチュアストローを入手したので、それを差した。ほんのわずか頭の穴の奥を広げた。

他にも色々試した。絶縁クリアチューブを買って、油性ペンで赤のストライプ入れたのがこちら。

f:id:keimann:20190510000346j:image

確かにストローなんだけど、なんか微妙。耐久性も低く、触ると色が取れる。ガンダムマーカーで塗っても色が取れる。ふにゃふにゃのチューブに色を固定する方法はなさそう。

今回バチっとハマったストローは金属製で、数百円で買ったもの。海外配送で半月ほどかかり、中国からと思いきやまさかのドイツからだった。

f:id:keimann:20190510075706j:image

商品写真からもっと太いのを予想してたけど、他の試作品と比べても一番細かった。

f:id:keimann:20190510073240j:image

つまり細いほうが合うってことだったのだ。ツノはただでさえ目立つので余計に目立たせる改造はオススメしない、と会社の同僚(モデラー)が言ってたのを思い出した。細いことで目立ち具合を軽減できたのかも。

これでコーラ風ザクはS型として完成。シャア専用機じゃなくて一般の指揮官機。

f:id:keimann:20190510075929j:image