Outer Rim

特にザク、グフ、ドムのMGをパチ組みしてます。ITぽい仕事してる息抜きとして。色々作ってますが、全て宝物です。

MGケンプファー プラスクリア外装

略さずにいうとスペシャルクリア外装パーツ付きキット。これまでプラスクリア外装はMGボールしか魅力を感じなかった。ボールだと内部フレームがある部分が全部クリアになる。かたやザクやグフ、ドム、ギャンは「そこだけクリアになっても」な感じ。

それがたまたまプラスクリア外装のケンプファーを見つけて「そう、クリアにするならそこ!」で即買いした。通常のMGケンプファーが既に積みになっているというのに。。

f:id:keimann:20190526210529j:image

箱の説明写真だと片側だけクリア。実際は腰も含めて両側クリアにできる。クリアランナーが1枚付属するキャンペーンのはずが、なんと2枚付いてくるから!

クリアランナーの写真を撮り忘れたので、同じ色付きランナー2枚(余剰)がこちら。

f:id:keimann:20190526210619j:image

これに相当する大量のクリアパーツを前にして目が眩んでしまった。

そして我を失った結果、やらかしてしまったのだった。。

f:id:keimann:20190526212026j:image

クリアパーツ全部使おうとしたせいで、特に腰回りがちゃちくなった。というか、ちゃちくなるのは予想できたのでクリアブルーにして深みを付けようとした。実際はクリアブルーと黄色の組み合わせで、深みどころか軽くポップになった。

f:id:keimann:20190526213902j:image

対比して、紺色の成型色部分が渋くてアンマッチだったので、紺色部分もポップにするしかなくメタリックブルーのスプレーを吹いた。そうすると未塗装の灰色と黄色部分が余計に浮いてしまった。

f:id:keimann:20190526213851j:image

ちゃっちいおもちゃの仕上がりに。。

なお武器は以前作った川口名人ザクに付いてきたもの。ケンプファーの武器のガンメタ成型色版。ランナー1枚だけだったので片側分のみ。

f:id:keimann:20190526214208j:image

この武器の入れ替えだけにとどめて、パチ組みで終わらせとけばよかった。。

今回ほんとは過去の反省を活かしたはずだった。量産型クリアカラーザクで透けすぎも良くないと学んだし、前回Mr.クリアカラーでクリアパーツ溶かしたとか、アクリジョン+イージーペインターは離して吹くとか。

でも結局アクリジョンは垂れてムラになったし、未塗装部分の成型色の考慮漏れてたし、クリアパーツ使いすぎたし。

f:id:keimann:20190523085454j:image

今回学んだこと。

  • もうアクリジョンは使わん。離して吹くと塗料の消費が激しいし色付かない。近づけるとすぐ垂れる。今回も最後はMr.カラースプレーでリカバリした。
  • プラスクリア外装キットで余計なことしない。塗装するならクリアじゃない部分。
  • メタリックスプレーは塗膜薄くてエクストラフィニッシュキットみたいなパール感ある。ハマるかも。

f:id:keimann:20190526215407j:image

しばらくまたパチ組みに戻ろう。

▽この記事の続き