Outer Rim

特にザク、グフ、ドムのMGをパチ組みしてます。ITぽい仕事してる息抜きとして。色々作ってますが、全て宝物です。

MGザク2.0 川口克己プロデュース仕様 2体目

といっても武器はケンプファーに渡して、内部フレームはシャアザクと交換したので実質外装くらいしか残っていない。その外装も、中古購入時点で既にスミ入れがしてあった。説明では未組立、未使用品とあったが、解釈の問題なのか。まあ2体目なので塗装するからいいか。。

塗装テーマ思い付くまで天気も良くなかったので、余剰パーツ類の整理をしていた。ふと余剰パーツだけでどこまで外装揃うかやってみようと思った。

それがこちら。

f:id:keimann:20190713013141j:image

成分的にはざっくり多い順にガトーザク、ドズルザク、ガルマザク、シンマツナガザク、プロトタイプグフ、シャアザク、あともしかしたら黒い三連星ザクのも含む。

f:id:keimann:20190713013210j:image

足と顔のシルバー部分は余剰パーツにない部分で、川口ザクのものを塗装した。つまり未塗装という設定。

余剰パーツはできるだけ半端なものだけを使った。つまり余剰中の余剰というコンセプトアート(?)例えばほぼランナー全体が余ってるこんなのは使わなかった。

f:id:keimann:20190713082250j:image

f:id:keimann:20190713082240j:image

他にも色々あって、余剰になるのは腕が多いのことがわかった。足は全然なかった。MSVの色分けは手ばっかりということか。

さて川口ザク2体目については外装も一部しか使わなかったので、パーツ取り用に消えてしまった、という話。

▽この記事の続き