Outer Rim

特にザク、グフ、ドムのMGをパチ組みしてます。ITぽい仕事してる息抜きとして。色々作ってますが、全て宝物です。

パーツ入れ替えの果てのランバラル専用ザク

ここはパチ組みブログ。たまにスプレー塗装するけど、できることなら成型色のままにしたい。なぜなら成型色が好きだし、塗装剥げ気にせずにガシガシ動かせるから。

というわけでキット間のパーツ入れ替えで、成型色のまま幸せになった例をまとめる。実際は試行錯誤で色々失敗したので、後から振り返ると最初からこうすればよかったという話。

余剰パーツで幸せ

ガトーザクのバックパックの余剰パーツ→黒い三連星ザクの色分けがバッチリになる。

ガトーザクのピンクモノアイ→クリアカラーザクの透明感と合う。

片方の犠牲で幸せになる例

ゲームカラードムの紫色の外装→ノーマルカラードムに付けて他の三連星ザクと色味が合う。

川口名人ザクのガンメタ武器→ケンプファーの背中に乗せてカッコよさ増し増し。

川口名人ザクのガンメタ内部フレーム→リアルタイプカラーシャアザクに換装してカッコよさ増し増し。

川口名人ザクの靴底→ドズルザクに履かせて足元の薄い印象を解消。

犠牲になったほうをどうするか

ゲームカラードムは簡単な外装塗装で化ける。

パーツ入れ替えの果ての川口名人ザクはたぶんそのままでも違和感ないはず。

でもすでにパチ組みで1体持ってて、茶色が被るので塗装する。良いコンセプトも思い付かないので、無難にランバラル専用ザクにした。

f:id:keimann:20190801005044j:image

だがこれは失敗だった。面倒でサーフェイサー吹かなかったので、随所で茶色の成型色を感じる。何よりリアルタイプカラーシャアザクの茶色の内部フレームが合っていない。バックパックも茶色の成型色。

f:id:keimann:20190801005151j:image

つまり青系での塗装がまずかった。赤色や紫色が正解だった。あとで何かのザクと内部フレームだけ入れ替えするしかないか。とりあえず両肩スパイクアーマー版も作った。

f:id:keimann:20190801005616j:image

ちなみに外装だけのスプレー塗装なので、簡単に終わるはずが予想外に大変だった。梅雨明けてようやく外でスプレー吹けると思ったら、ひたすら塗装がかぶる。白いムラや粉ふきみたいなのが発生。

f:id:keimann:20190731183146j:image

晴れてても高温多湿のせいで、朝夕で湿度が70〜80%になっていた。露点がたった1〜3℃下なので、ラッカースプレー吹いたらあっさり結露してかぶる。日中は仕事でスプレーできないストレスがやばかった。

やはりパチ組みがいい。

▽この記事の続き