Outer Rim

特にザク、グフ、ドムのMGをパチ組みしてます。ITぽい仕事してる息抜きとして。色々作ってますが、全て宝物です。

MGドム プラスクリア外装

部分的なメッキ加工を企画した自分だけの特別なキット。加工依頼から2週間弱、無事メッキされたランナーが納品された。

めっちゃキレイにコーティングされている!

f:id:keimann:20191024134801j:image

f:id:keimann:20191024134823j:image

f:id:keimann:20191024134857j:image

ランナー単位でのメッキの都合上、ラケーテンバズもメッキに。

f:id:keimann:20191024134912j:image

というわけで組み立てていく。すっかり忘れていたけどコーティングキットのゲート処理は大変だったわ。。

まずはハイライトの頭と胸。

f:id:keimann:20191024140548j:image

次に胴体。なお楽しい順に組んでいく。

f:id:keimann:20191024140613j:image

中がキラキラって良くない?

f:id:keimann:20191024140610j:image

そして大きな足(靴?)。

f:id:keimann:20191024140711j:image

足の残り。クリア外装でどうぞ。

f:id:keimann:20191024140920j:image

f:id:keimann:20191024140923j:image

最後に腕。関節部が控えめにキラキラ。

f:id:keimann:20191024141013j:image

武器はもう疲れちゃったので諦めた。で、なんとか届いた日に本体が仕上がった。

f:id:keimann:20191024134947j:image

これは良い感じ!ねらい通り成型色のパチ組み感も出しつつ、キラキラで高級感も出せた。

f:id:keimann:20191024135005j:image

脇の下、背中側は目立たないのでメッキは諦めてる。これはメッキ&クリアのリックドムでも同じこと。

さて、途中で登場したクリア外装を再度付けてみる。その前にいつものありがたい外箱の作例を。

f:id:keimann:20191024135938j:image

このゴールドで塗装して色分けしてるの、最初お花柄に空目した。一方うちの作例はこうなった。

f:id:keimann:20191024140108j:image

ちなみにクリア外装に関してはこのアングルよりはこっちのほうがいい。

f:id:keimann:20191024140121j:image

とは言えちょっと微妙かな。両方ともクリアにしたのがまずい気がするが、逆に両方とも外装なしはカッコいい。

f:id:keimann:20191024140201j:image

というわけでノーマル外装に戻して、専用機シリーズのディスプレイケースに飾ることにする。

って、モノアイ塗り忘れていた!とりあえず別のドムから借りてきた。

f:id:keimann:20191024184223j:image

うちのキラキラドムのコラージュ。

f:id:keimann:20191024184235j:image

ほら、他のキットと合うでしょ?

最後に、前回記事でも紹介したけど、メッキ加工はきらきら工房さんにお願いした。

それと部分メッキじゃなくて全身メッキはにしもさんのブログがおすすめ。

このブログ見て自分もメッキしようと思った。よし、これでガンプラもようやく一区切り。

▽この記事の続き