Outer Rim

特にザク、グフ、ドムのMGをパチ組みしてます。ITぽい仕事してる息抜きとして。色々作ってますが、全て宝物です。

MG アナベル・ガトー専用ゲルググ Ver.2.0

ゲルググVer.1.0のコーティングバージョンの真似をして、Ver.2.0の外装もメッキ加工しようと考えていた。でもせっかくの成型色も捨てがたく、悩んだ挙句パチ組みになった。

f:id:keimann:20200112212648j:image

感想はいつもと変わらず、顔はげっ歯類、シールドはゲンゴロウ。

f:id:keimann:20200112214354j:image

組み始めてから内部フレームが黒色なことに気が付いた。もし外装だけメッキしたとしても正解だった。黒色のフレームは万能。

f:id:keimann:20200115205121j:image

キラキラのVer.1.0コーティングバージョンと。

f:id:keimann:20200112165307j:image

どちらも良い。Ver.2.0は成型色が渋めなのが良いところ。

ガトーザクと比べてみると、ザクの成型色が安っぽさが際立つ。

f:id:keimann:20200112212843j:image

同じVer.2.0系のガトー機なので、成型色くらい合わせてほしかった。

さてこれをどこに飾るかというと、ズゴック置き場を解体して、成型色を満喫できるケースとしてまとめた。

f:id:keimann:20200114094556j:image

飾り方考えるのほんと楽しい。うーん、ドムは上下逆のほうが色のバランス取れるかな。

ところで、黒色の内部フレーム、パリパリに割れたジオングのフレームと見た目がそっくり。

f:id:keimann:20200115205016j:image

ゲルググVer.2.0はジオング以上にABSてんこ盛りなので、何年かすると大変なことになりそう。MGドムは20年モノの限定キットでもちゃんと組めたので、やはりドムはすごい。といういつもの結論。