Outer Rim

主にザク、グフ、ドムのMGをパチ組みしてます。たまにスターウォーズのレゴとかプラモデルも。

LEGO MOC TIE Bomber

レゴ公式キットじゃなくてMOC。レゴ界隈では創作系の作品をMy Own Creation(略してMOC)と呼んでる。

今回はJeracって人がデザインしたTIE BomberのMOCを作った。

f:id:keimann:20210316095210j:image

まあ再現度がすごい。

f:id:keimann:20210316222053j:image

見た目重視のせいで強度がとても低い。公式キットだとありえないレベル。

特にコックピット周りはポロポロ取れる。

f:id:keimann:20210316221134j:image

カッコいいから問題ないんだけど。

f:id:keimann:20210316220846j:image

爆弾投下するところもしっかり再現。

f:id:keimann:20210417215606j:image

公式キットではないので、パーツは自分で集める必要がある。

レゴのマーケットプレイスbricklinkを使って、お店を分散させずまとめて安く買えた。先にTIE Defenderのパーツ集めで失敗して、それの教訓が生きた。

お店の国 パーツ数 金額 日数 備考
ハンガリー 147 5,600円 17日  
ハンガリー 1,200 15,300円 19日 4パーツ不足
日本 134 4,100円 3日 bricklinkではなく直販

上記とは別に説明書や細かい不足パーツ、ミニフィグなどを合わせると合計29,500円。パーツ単価の平均は20円を切って、UCS1個買うくらいで収まった。

1,200パーツ頼んだお店は丁寧に1種類ずつ個包装されてた。パーツ屋さんすごい。

f:id:keimann:20210418162714j:image

ただ、全て新品パーツなのに長期保存されていたのかほんのり黄ばんでいた。

もうひとつのお店のほうは税関で開封されてた。

f:id:keimann:20210418162735j:image

ランダムで開封チェックあるらしい。開封されても税関手続きに余分に時間がかかることもなかった。Registered Mail(書留郵便)だと日本郵便のサイトでも追跡できるので、いつ税関に届いたかとかも分かって面白い。

▽この記事の続き