Outer Rim

インターネット辺境の趣味ブログです。ガンプラMGとかレゴとかギターとか

クラッシュ1ふうストラト

クラプトンモデルをクラッシュ1にリフィニッシュするのは色々あって途中で断念した。お金と時間だけがたくさんかかった。

残ったのは曲がったネックと電気パーツ。ここまできたらヤケクソで、リペアショップで強引にネックアイロンかけてもらった。

さらにヤケクソでAliexpressの怪しいクラッシュ1をポチッてみた。なんと注文してわずか1週間で届いた。

f:id:keimann:20220906212943j:image

色分けほぼ完璧じゃないか。これはすごいと思って触ったら色の境目にしっかり段差があって、塗装じゃなくてシールだった。(訂正:シールじゃなくて分厚いウレタン塗装だった)

顔のところだけ手書きだけど、水墨画の枯れ木のような細い線。中国らしさがそこに出るか。

それらを考慮しても、例えばこのサイドのボカシも入ってて、ちゃんと再現するぞというこだわりを感じる。
f:id:keimann:20220906212948j:image

半端なリフィニッシュとどっちがいいかと言われれば断然こっち。てことでクラプトンモデルのネックと電気パーツ一色取り付けて、なんちゃってクラッシュ1ができた。

f:id:keimann:20221015105805j:image

以前のがこれ。

f:id:keimann:20221015110726j:image

結果的に今は亡きオリンピックホワイトで良かった。でも後悔はしていない。

それはそうとネックのトラスロッド回り切ってのストレートなので、冬場の乾燥でネックがまた順反る可能性が高い。トラスロッド緩めて順反りさせて、ハードケースの中で無理やり矯正させることにした。

f:id:keimann:20221015111658j:image

ここを支点にして、ナットとブリッジをケースで上から押さえ込む。当たる部分が痛まないようにクロスとフレットガード挟んでしばらくお休み。

f:id:keimann:20221015145352j:image

正確にストレートかどうか細かいことは気にせずざっくり直ることを期待して。