Outer Rim

主にザク、グフ、ドムのMGをパチ組みしてます。たまにスターウォーズのレゴとかプラモデルも。

MG シャア専用ザク Ver.2.0

今更になって普通のシャアザク。前回記事で限定版のカラバリが揃ったので、残りはこれだけのはず。

f:id:keimann:20210914233039j:image

直近の再生産分なので内部フレームがギチギチに締まることもない。疲れ目に目薬差しながらサクッとパチ組み。

f:id:keimann:20210914234547j:image

赤い彗星じゃなくてサーモンピンクの彗星。
f:id:keimann:20210914234553j:image

というわけでVer.2.0系のMS-06S遂に集結!
f:id:keimann:20210914234555j:image

こちらクリアカラー系。

f:id:keimann:20210920214706j:image

黒いのはシャア専用ザクではなくLUNA SEA専用ザク。
f:id:keimann:20210920214713j:image

妙に目立つチタニウムフィニッシュ。
f:id:keimann:20210920214709j:image

飾る場所もないので写真撮ってすぐ箱に詰めてたら、まるでお雛様だねと妻に言われた。

MG シャア専用ザク Ver.2.0 ガンプラEXPO限定 クリアカラーバージョン

ブログ読者の方からガンプラ作らないの?とハッパかけていただいたので、積みプラに手を付けた。

まずは買わないと決めていたはずのクリアカラーシャアザク。

f:id:keimann:20210914213031j:image

実は意図せずシャアザクのカラバリ(Ver.2.0系)がほぼ揃ってしまっていた。

f:id:keimann:20210914213051j:image

ここまできたらクリアカラーも買うでしょ。

というわけで半年ぶりのマスターグレード。もうVer.2.0系ザクは25体くらい組んだので、説明書見なくてもパチ組みできる。(は言い過ぎで、手は説明書見た。)

f:id:keimann:20210914213549j:image

半年で変わったのがテレワークで酷使された目と腰。手元は見えないし腰は痛いし。一方でこのキットとても古いキットなので、内部フレームが劣化気味。間接がギッチギチで曲がらない。なぜか自分の将来に不安がよぎった。

f:id:keimann:20210914213556j:image

キットの感想としてはボディのクリアブラウンがそこまで悪くなく、全体的にもキラキラして良い感じ。

ソリッドクリアと比べるとちょっと地味かも。
f:id:keimann:20210914213553j:image

これで限定版のカラバリはおそらく揃ったので、あとは普通のシャアザクだけ。

TIE Fighter Total Conversion

プラモデルでもレゴでもなくPCゲームの話。

昔DOSゲームでTIE Fighterという3Dシューティングがあった。家電量販店で何となく選んで買った初めてのPCゲーム。一緒に買ったKid Pixはすぐに飽きたけど、TIE Fighterは何年もやり続けていた。今は亡きフロッピーディスク7枚組。のちにCD-ROM版も出た。

こないだレゴで組み立てたTIE Defenderは拡張版で出てきた機体。

Windows 95以降長らく遊べなかったのが、いつの間にかSteamで遊べるようになっていた。

で、今年になってX-Wing AllianceのMODのひとつとしてTIE Fighter Total Conversion(TFTC)が有志によってリリースされてた。

嬉しくてすぐにMODをインストール。

もちろんSteamで両方のソフト買ってるし、何なら現物も持ってる。

f:id:keimann:20210831222555j:image

リニューアルされたグラフィックスやサウンドに大興奮。ただでさえ思い出補正入ってるのに。

6年前にもクリエーターが公開したショートフィルムもあり、TIE Fighterは色んな人から愛されてる。

中々遊ぶ時間が取れないけど今後の楽しみが増えた。

一応MODインストールでハマったことメモ。

インストールウィザードで、デスクトップショートカット作成のチェック入れるとインストールがコケることがある。

インストール後に、デスクトップ上にある既存のX-Wing Allianceのショートカットは動作しない。SteamのライブラリフォルダーからX-Wing Allianceのプログラム探し出して、それのショートカットをデスクトップに作成する。

LEGO 31200 The Sith

しばらくブログ更新してなかった。

今回はレゴアート。ドットをたくさん使ったモザイクアート。

f:id:keimann:20210729213025j:image

シスセットの絵柄は、ダースベイダーとダースモール、カイロレンからの選択式。1万円くらいだったので買ってみた。

ドットパーツの集まりで1万円は高いなと思ってたけど、箱開けたら納得した。

f:id:keimann:20210614221130j:image

スペースの3分の2が土台パーツ。

f:id:keimann:20210614221618j:image

薄いプレートではなくて、テクニック系の厚みのあるパーツ。金額のほとんどはこれと思われる。

ドットこと1×1サイズのラウンドプレートは、まるでビーズ。

f:id:keimann:20210614222446j:image

で、一番シス感のあるダースモールを作ることにした。

延々とドットを置き続けるので、通常のレゴセットでは味わえない作業感がある。Webの専用サウンドトラックは英語の対談だった。何言ってるか分からなく、自分でファントムメナスの曲を掛けながらタッタッタラランしてた。音楽ないと苦しかった。

f:id:keimann:20210729212850j:image

作業中に近くで見続けたせいで、完成後も数日間はダースモールに見えなかった。

裏面はがっしりしてる。

f:id:keimann:20210729212908j:image

こんな感じで和室にもぴったり。

f:id:keimann:20210705090746j:image

ところでこのレゴアート、自分の好きな絵をモザイクアートにできたら楽しいはず。色んなサイトを見ていて、以下のサイトが一番レゴアートとの相性が良かった。

もう一個買ってカスタムしようかな。

LEGO 30240 Z-95 Headhunter

ポリバッグのミニZ-95ヘッドハンター。

f:id:keimann:20210609213159j:image

2013年に発売とのことで、大きいやつと同じ発売年。アメリカだとウォルマートで売られていたらしい。

小さいながら雰囲気出てるし、完成度高い。

f:id:keimann:20210609213335j:image

ウイングの裏面はどうしても厚くなりがち。

f:id:keimann:20210609213340j:image

エンジンのクリアパーツがブルーだったので、ピンク(トランスダークピンク)に交換した。
f:id:keimann:20210609213325j:image

ミニインペリアルシャトル同様、Z-95もミニサイズで十分だったかも。

ついでに大きいほうもピンクに交換。
f:id:keimann:20210609213329j:image

並べると生物的な親子感が出てくる謎。
f:id:keimann:20210609213332j:image

そろそろ積んでるガンプラ組み立てないとだけど、レゴの手軽さに慣れてしまってやばい。

LEGO 75004 Z-95 Headhunter

2013年発売のZ-95ヘッドハンターのレゴ、かつて持っていたものの引越しで処分していた。今になってまた欲しくなり、プレ値で中古品を再入手。

箱ないので組み立て説明書の写真。

f:id:keimann:20210606160213j:image

当時から気になってたのがウイング。表面のタイル配置とスタッド(突起)が悪い意味で目立つ。ウイング自体も短い。

f:id:keimann:20210606105847j:image

それとウイングを水平に見ると、まっすぐ横に伸びてない。

f:id:keimann:20210606110237j:image

主にその2点を改良してできたのがこちら。

f:id:keimann:20210531211730j:image

タイル模様を見直してウイングの長さを延長。

f:id:keimann:20210606110419j:image

まっすぐ横に伸びるようにした。

f:id:keimann:20210606110423j:image

鼻先裏面の白プレートを先端まで延長。
f:id:keimann:20210531211734j:image

中々いい感じに仕上がった。

f:id:keimann:20210607095343j:image

Z-95ヘッドハンターは個人的にはMS-DOS時代のゲームで出てきたイメージが強い。ゲームに付いてきた小冊子の説明だとこんな感じ。

f:id:keimann:20210607203941p:image

旧式ポンコツ機体なのでたくさん撃墜した。それがクローン戦争でデザインが洗練されて登場したのは嬉しい。

LEGO 75175 A-Wing Starfighter

以前のレジスタンス版Aウイングが良かったので、反乱同盟軍版の75175(2017年)も入手した。

f:id:keimann:20210311085113j:image

こちらも変色ムラが嫌なので、シール貼らずに組み立て。

f:id:keimann:20210311085222j:image

が、期待してたのと違う。真ん中のダークレッドの帯が細すぎる。

バンダイのAウイングを見ると分かりやすい。

レジスタンス版では改良がされているので、レゴのデザイナーも気になってたのだと思う。

f:id:keimann:20210311085346j:image

裏面は反乱軍版のほうがいい。それでもまだダークレッドが足りない。

f:id:keimann:20210311085704j:image

そこで使えそうなパーツを取り寄せて改良した。こんな感じにダークレッドの幅を広げた。

f:id:keimann:20210529094357j:image

比較するとこう。

f:id:keimann:20210529094304j:image

裏面もダークレッド貼り。

f:id:keimann:20210529094439j:image

サイドのスリット?も再現。

f:id:keimann:20210529094518j:image

もうちょっと先端部分薄くしたいけど良い方法思いつかず。とりあえず改良終わり。

f:id:keimann:20210529094741j:image

LEGO 20016 30246 30388 Imperial Shuttle

ポリバッグで売られてるミニサイズのインペリアルシャトルをいくつか集めてみた。

f:id:keimann:20210527083054j:image

ポリバッグなのでくしゃくしゃ。

古いものから順番に。まずは20016(2010年)。雑誌BrickMasterの付録だったらしい。

f:id:keimann:20210527084548j:image

小さいのに雰囲気ばっちり。先日の大きな75094じゃなくてミニサイズで十分だったかも。ただし脚だけ微妙なので、別パーツに交換。

f:id:keimann:20210527084723j:image

f:id:keimann:20210527084804j:image

全体的なバランス取れていていい感じ。

f:id:keimann:20210527084643j:image
f:id:keimann:20210527091052j:image

次に30246(2014年)。アメリカのスーパーMeijerで販売してたらしい。

f:id:keimann:20210527085714j:image

小さくてかわいい。トップウイングの模様が投げやりだけど、ちゃんと上部の開口部は色分けされている。

上から見ると首元がちょっと寂しいかな。

f:id:keimann:20210528003355j:image

とにかくかわいくていい感じ。

f:id:keimann:20210527090158j:image

f:id:keimann:20210527091122j:image

最後に30388(2021年)。最新なだけあって再現度が高い。

f:id:keimann:20210527211226j:image

コックピットは黒に変えてもいいかも。

f:id:keimann:20210527211921j:image

ボディの形状再現がミニサイズとは思えない。

f:id:keimann:20210528003448j:image

後ろもばっちり。

f:id:keimann:20210527211230j:image

ただ、左右のウイングを閉じたときに三角にならず縦にシュッとなっちゃう。

f:id:keimann:20210527211222j:image

という感じで、年代に関わらずそれぞれの良さがあっていい感じ。

f:id:keimann:20210527211748j:image

他にもありそうなので集めようかな。

LEGO 75094 Imperial Shuttle

最近レゴスターウォーズばかり。

今年2021年バージョンのインペリアルシャトル(75302)が発売されたものの、ウイングが微妙すぎて様子見中。

UCSは10万くらいするしデカくて買えないので、2015年バージョン(75094)を買った。

f:id:keimann:20210524090359j:image

これを改良していく。改良用のパーツをブリッカーズ(日本)で注文して、足りない分をbricklinkのスロベニアのお店で買った。Covid-19下だとヨーロッパでも航空便があるせいか意外に早く届く。

一番気になるのがウイングの裏面。プレート張り替えて、付け根付近のグレーのテクニック系パーツを置き換え。

f:id:keimann:20210526192255j:image

ウイング裏面の改良で、ウイング付け根の隙間が減った。タイル模様も張り替えた。

f:id:keimann:20210526192518j:image

トップウイングの模様を上にずらして、ウイングの抑えを手前に延長。頭のツノの部分は白に置き換え。

f:id:keimann:20210526192446j:image

左右のウイングをトップウイングにくっつけられるようにした。トップウイング下の開口部分をシールからスロープに変更。

f:id:keimann:20210526193046j:image

開口部分わかりにくいので拡大。クリアブロックでの補強あり。

f:id:keimann:20210526212333j:image

というわけで完成。

f:id:keimann:20210526193509j:image

f:id:keimann:20210526204101j:image

f:id:keimann:20210526204358j:image

目立つ改良はないけど満足いく仕上がり。

f:id:keimann:20210526194720j:image

トップウイング抑えのすぐ近くに開口部がいくように直したの特にお気に入り。

LEGO 75306 Imperial Probe Droid

先日発売のインペリアルプローブドロイドを買った。ヘルメットと同じおしゃれ箱。

f:id:keimann:20210506210201j:image

見た感じ丈夫ではなさそうなので、子どもが寝てから作り始めた。

足を作るところで合ってるか分からなくなり、何度も見返してたら眠くなった。

f:id:keimann:20210506203117j:image

その眠気で付け忘れたかというくらいパーツが余った。説明書見るとどうもこの特殊パーツセットが1パーツ扱いらしい。

f:id:keimann:20210506203642j:image

それが2セットで、しかも一部だけしか使わないので大量に余ったぽい。眠気での付け忘れもありそうだけど、色々ごちゃごちゃしててもはや分からない。

なんとか完成したのがこれ。

f:id:keimann:20210506204118j:image

ドロイドを支えてる棒は固定されてなくて、スポッと抜ける。

f:id:keimann:20210506211859j:image

お気に入りは本体じゃなくてこの雪がかぶったプレート。センスが良い。

f:id:keimann:20210508195131j:image

プレートは逆向きに付け替え可能。反対側から。

f:id:keimann:20210508195150j:image

プローブドロイドって黒じゃないの?映画ではちゃんと見るとグレーだよ、とか色々あるけど、もし全部黒にしたらディテールが全く分からなくなったと思う。

悪くはないけど、タイファイターヘルメットのほうが組む楽しさがあった。

f:id:keimann:20210508141910j:image