Outer Rim

特にザク、グフ、ドムのMGをパチ組みしてます。ITぽい仕事してる息抜きとして。色々作ってますが、全て宝物です。

MGシャア専用ザク2.0 カップヌードルオリジナルクリアカラー

ザクVer.2.0系の積みはこれで最後。

f:id:keimann:20200506214800j:image

パチ組みとは言え、この2年弱で合計25体分のザクVer.2.0系フレームを組んだ。さすがにグレーやガンメタの成型色は飽きた。からの先日のLUNA SEAザク(真っ黒なフレーム)だったので、個人的には目新しさがあった。

そして、その上を行くのがカップヌードルザク。ゴールドの成型色。

f:id:keimann:20200507091554j:image

カップヌードルって名前の先入観で、金色だろうが黄土色に補正され麺として認識される。

エビチリみたいな外装付けて出来上がり。

f:id:keimann:20200510155438j:image

写真にするとなんかかわいい。そしてキワモノに見えて実際はカッコいい。

後ろから。

f:id:keimann:20200510155700j:image

バックパックと胴体の外装成型色が、同じクリアレッドでいい感じ。

f:id:keimann:20200510155731j:image

それぞれの成型色の主張が強すぎるのにまとまってる不思議。

ここから色々比較。まずはカップヌードルと比べて。

f:id:keimann:20200510155821j:image

緑色の要素がないので、チリトマトよりはしょう油かな。

ソリッドクリアと比べて。

f:id:keimann:20200510160244j:image

カップヌードルザクはスモーククリアなので全然違う印象。

クリアカラーアレックスのほうが近いかも。

f:id:keimann:20200510160255j:image

あったかいのと冷たいのとでいい感じ。

BB戦士 LEGENDBB 騎士ガンダム

先日の殺駆頭のフルメッキが気に入ったので、LEGENDBBをもうひとつおかわり。

f:id:keimann:20200524080041j:image

騎士ガンダムを買って、きらきら工房さんにメッキ加工依頼した。

バイザー(?)は元々ピカピカにメッキされていて、同じくゴールドをピカピカに他を艶消し仕上げにすることで、パッケージアートの感じをバッチリ再現できた。

f:id:keimann:20200523171024j:image

ただ、なんて言うか、カッコいいけどBB戦士っぽくない。

実はこのキット、目のパーツを前後逆にすることで目の表情を変えられる。

f:id:keimann:20200523171117j:image

そう、これ。これでBB戦士になった。

一番のお気に入りは剣盾。メッキの感じと剣のジュエルパーツがたまらない。

f:id:keimann:20200524080416j:image

後ろから。マントもカッコいい。

f:id:keimann:20200523171104j:image

このマント姿が良いので、ケンタウロス形態にはしない。一応パーツだけ。

f:id:keimann:20200524081812j:image

サタンガンダムもブラックドラゴンよりは元の姿のほうが良い。付属のコミックワールド見てるとどんどんサタンガンダムが欲しくなる。

f:id:keimann:20200524081438j:image

騎士ガンダムと一緒に並べたいけど、サタンガンダムがLEGENDBBで出てない。

しょうがないので、先日の殺駆頭と並べた。

f:id:keimann:20200524082840j:image

全然違和感なかった。ほんとカッコいいわ。

MGシャア専用ザク2.0 メカニカルクリア

以前ジャンク品を買ってパーツ取りに使ったり、塗装して遊んだりした。

LUNA SEAザクを予約したときに、一緒に飾るならメカニカルクリアザクだと思い、改めて入手した。

f:id:keimann:20200506162400j:image

今回普通にパチ組みするのではなく、ちょっとアレンジすることにした。ドズルザクの余剰パーツ、クリアピンクのモノアイとスコープレンズを取り付けてみた。

f:id:keimann:20200506162949j:image

正直F2ザクのクリアバージョンの件もあり、あまり期待はしてなかった。

が、さすがVer.2.0。とてもカッコいい。

f:id:keimann:20200506183341j:image

特に足のフレームの一部がシルバー成型色なので、パチ組みでも単調にならずに済む。

f:id:keimann:20200506163942j:image

外装外すとこんな感じ。

f:id:keimann:20200507091443j:image

これは素晴らしいアイデア。

それとアレンジで加えたクリアピンクのモノアイが、目立ちすぎない程度のアクセントでバッチリ。

f:id:keimann:20200506163224j:image

透明な武器もそのままだと微妙だけど、クリアピンクのパーツ流用で少しはマシになった。

f:id:keimann:20200506163340j:image

で、LUNA SEAザクと並べたのがこちら。

f:id:keimann:20200506170638j:image

両方ともシャアザクのカラバリで言うとオサレ枠。その上、対極的な感じが良い。実際に棚に入れるとシルバーとブラックな感じで、クリアだからと言って見劣りしない。

このノリでゲルググやギャン、グフのメカニカルクリア出してほしいところ。

 

さて今回、組みながら気付いたことがあった。クリアパーツの硬いゲートを少し離れたところから切ったとき、たまにパーツに向かってクラックが走る。ひどいときはパーツ側に達して細かいヒビが入る。ニッパーは切れ味抜群のブレードワンニッパーとアルティメットニッパー使ってるのに。

f:id:keimann:20200506184537j:image

どうも四角いゲートに対して、角からニッパーが当たるとヒビが入りやすい気がする。角のような一点じゃなくて、辺(しかも長辺)に当たるように切ると良さげ。今さらながらクリアキットに対するストレスがかなり減った。

MGシャア専用ザク2.0 ソリッドクリア 2体目

先日のチタニウムフィニッシュザクにガンメタの内部フレームを渡したので、そのままは組むと微妙。

代わりに押し付けられたグレーのフレームをメッキして、気に入らないオレンジのクリア外装を赤色に近づけることにした。

これが塗装前。まるでエビの殻。

f:id:keimann:20200504112415j:image

Mr.カラースプレーのクリアーレッドで、2回吹くくらいで大丈夫だろうと思ってたらそんなことはなかった。合計4回吹いての4缶消費。しっかり色乗せようとしたら垂れるわ、ホコリが付くわで踏んだり蹴ったり。

あとVer.2.0系のフレームのメッキは初めて。ダボ周りのメッキを削ったものの全身の関節がガッチガチになった。特に足首のシリンダーのところメッキと相性が良くない。

f:id:keimann:20200504183258j:image

細部への不満はあるものの、遠目で見る限りはいい感じに仕上がったと思う。

f:id:keimann:20200504112739j:image

写真じゃ分かりづらいけど、内側のメッキしたフレームがキラキラ輝く。こっちのほうがパッケージアートに近い気がする。

f:id:keimann:20200504195320j:image

パチ組みとの比較。

f:id:keimann:20200504112836j:image

ソリッド(メタリック成型色)部分も実はコンパウンドで磨いてみた。ヤスリ掛けした訳ではないので違いが分からなかった。

f:id:keimann:20200504112750j:image

どうしても塗装やメッキの細部が気になるので、初めからこういう成型色で出してくれるといいのになぁ。

BB戦士 LEGENDBB 殺駆頭(闇将軍)

知らなかった。こんなのあったのね。

f:id:keimann:20200503235417j:image

通常の闇将軍は、以前娘の手によって無残な(ある意味正しい)姿に組み上げられていた。


よく考えれば筆塗りスキルもないので、自分の手に負えるものではなかった。

一方LEGENDBBはパーツ分割が細かいので、塗装どころかメッキ加工ができる。きらきら工房さんにお願いしてフルメッキにした。

ゴールド以外は艶消し仕上げ。

f:id:keimann:20200503235432j:image

そうこれ、これが作りたかったやつ!めちゃくちゃカッコいい。

f:id:keimann:20200503235500j:image

ツノだけは元々メッキされていたので、追加で頭頂部とシールドをゴールドメッキした感じ。

f:id:keimann:20200505080105j:image

ランナーの都合上、刀もゴールドになったので、刃の部分のクリアイエローを薄め液で落とした。

f:id:keimann:20200503235508j:image

シールより断然良い。が、メッキ太りで持ち手に入らなかった。しょうがない。

そして、闇の鎧。

f:id:keimann:20200503235532j:image

存在感がすごい。これもカッコいい。

シールでの色分けが多いけど、しっかりくっついてるので問題なさそう。

f:id:keimann:20200503235708j:image

艶消しのメッキもとても品があって大満足。子どもの頃にパチ組みしたBB戦士は、脳内補正されてまさにこんなイメージだった。それがそのまま具現化できたのでほんと嬉しい。

さて、BB戦士と言えばコミックワールド。レジェンドBBにも付いてきた。昔のに比べて大きくなってる。

f:id:keimann:20200503235544j:image

コミック見ても、相変わらず闇の鎧の足パーツの出所が不明。収納できないので片付けに困る。

f:id:keimann:20200503235555j:image

今日が偶然にもこどもの日ということで、兜の隣に飾ったらバッチリだった。

f:id:keimann:20200504103329j:image

あとで知ったけどこの殺駆頭、闇の鎧をメッキした超鋼Ver.というのがある。LEGENDBBはメッキと相性が良い。

▽この記事の続き

MG LUNA SEA専用ザク

コラボ企画者の読み通り、ガンプラ目当てで予約してしまった。

f:id:keimann:20200503124708j:image

機体の型番が独自のMS-06LS。LSがLUNA SEAの略なのか、L型(LINA SEA)の指揮官用なのかは不明。物としては、シャア専用ザクVer.2.0のエコプラ版。つまりパイロットフィギュアはシャアにコスプレしたLUNA SEAということか。

f:id:keimann:20200506121607j:image

で、このキットの一番のお気に入りは、内部フレームが真っ黒なところ。

f:id:keimann:20200430012217j:image

ちょうど今組立中のカップヌードルとメカニカルクリアのシャアザクのフレームと。

f:id:keimann:20200430012316j:image

通常の灰色のフレームは飽きたので、こういう成型色アレンジはとても好き。

ただ外装も含めて真っ黒なので、メッキキット並みに指紋が目立つ。ビニール手袋をして組み立てていたが、それのせいかゲートの屑が静電気でくっついて困った。

いつものモノアイだけ塗装してパチ組み。ホコリも目立つのでエアダスター仕上げ。

f:id:keimann:20200430074220j:image

とても深みのある黒色でカッコいい。

f:id:keimann:20200430074325j:image

ここまで真っ黒ならポリキャップや動力パイプの芯まで黒いと完璧だったと思う。

話逸れるが、S型のVer.2.0もそこそこパチ組みしてきたので、段々とキット共通のクセがわかってきた。ふくらはぎの内部フレームがキレイにハマらないところがある。なので外装に隙間ができる。

写真だと分かりにくいけど左のふくらはぎ。

f:id:keimann:20200430074834j:image

同じくふくらはぎのバーニアも一箇所ハマりにくい。というか削らないとハマらない。

これが初めてのガンプラって人もいそうだけど、コラボ企画でよくあるHGにしなかったのは英断。

MGなので組み立てなくても箱の高級感と重量感がいい感じだし、組み立てると満足感高い。

f:id:keimann:20200503123250j:image

LUNA SEAありがとう。

MGシャア専用ザク2.0 キャラホビ限定チタニウムフィニッシュ

先日のエクストラフィニッシュに続き、チタニウムフィニッシュ。

f:id:keimann:20200503123147j:image

限定版という割に、エクストラフィニッシュと違って内部フレームや武器ランナーが通常のグレーの成型色。これだと見劣りしてしまうので、ソリッドクリアキットからガンメタランナーを調達した。

で、できたのがこれ。

f:id:keimann:20200406084023j:image

ボディのコーティングがとてもキレイ。

f:id:keimann:20200406084741j:image

対比して動力パイプの残念感がすごい。エクストラフィニッシュと並べるとよく分かる。

f:id:keimann:20200408090610j:image

そういう意味でもフレームはガンメタに交換して良かった。

f:id:keimann:20200406213432j:image

ちゃんとメリハリが付いてる。

バックパックはメタリック成型色。

f:id:keimann:20200406213514j:image

ここまではおおむね良い感じ。

で、いざ飾ろうとしたときに問題が発生。並べて飾るには他のキットと相性が良くない。ザク棚に入れてもメッキシリーズと並べてもこれだけ浮いてしまう。

開き直ってシャア専用ザクばかりのシリーズを作るかどうか。

f:id:keimann:20200406084040j:image

ドズル専用リックドムのキラキラアレンジ

まさかの再販決定。

すでに持ってるのに悩む。

塗装しないけど2体目検討中の方におすすめのアレンジをご紹介。それはゴールドとシルバーの追加ランナーをメッキ加工するだけ。このブログではいつもきらきら工房さんに依頼してる。

で、こんな感じになる。

f:id:keimann:20200324234009j:image

肩のところアップ。

f:id:keimann:20200324235624j:image

パチ組みと比較していかつさマシマシ。

※モノアイカバーはHY2M-MGのもの。メッキしたものも似た感じになる。

ヒートホークも色分けしなくてもキラキラなだけで十分満足。

f:id:keimann:20200324233913j:image

メッキ加工はランナー単位なので、実はこのためだけにドズルドムを買い直したところ。プレバンの再販を予約すると3体目になってしまう。が、いくしかない!

MGシャア専用ザク2.0 EXPO限定エクストラフィニッシュ

割安に出品されてるのを見つけて、買って積んでいた。

f:id:keimann:20200503155617j:image

ABS樹脂が劣化する前に早めに組み立てと思ったけど、すでに肩関節がギチギチになってねじ切れるところだった。

f:id:keimann:20200321100503j:image

胸の黒色は濃緑色な感じで、胴体のワインレッドも深みがあって良い。シルバーコーティングの上から濃い色をかぶせてるっぽい。たぶん。

f:id:keimann:20200321154922j:image

ゲート跡はガンダムマーカーのシャインシルバーの上にリアルタッチマーカー載せた。いくらかはマシになった。ちなみに動力パイプはメタリック成型色だった。そっちのほうがゲート跡目立つので困る。

後ろ姿、キラキラのバックパックがアクセントになってカッコいい。

f:id:keimann:20200321100157j:image

シャアザクってこんなバックパック目立ってたっけ?

f:id:keimann:20200321155521j:image

他のエクストラフィニッシュとまとめてみた。

f:id:keimann:20200321192802j:image

うーん、他がパール塗装な感じなので、ザクの胴体の深みが浮いてしまう。飾り方考えなきゃ。

ガンプラパッケージアートコレクション4

ドムが欲しいと思いつつも、もはや惰性での購入。なのでブログものんびり。

いつも通り4箱買いした。最初にチェックするのはここ。

f:id:keimann:20200311210108j:image

今回もスーパーレア(SR)の表記がある。これシークレットレアと呼び間違えてた。

残念ながら4箱買いでも当たらなかった。しょうがないのでフリマアプリで入手。

第4弾の前半がこちら。

f:id:keimann:20200319090430j:image

ドムようやく来た!ジオングも良い感じ。リックドムはないのね。。

後半はよく知らないのがほとんど。

f:id:keimann:20200319090433j:image

で、スーパーレアがこちら。
f:id:keimann:20200311213855j:image

確かこれ絶版になったHGガンダム。後半の写真のレアとちょっとだけ違う。個人的にコレジャナイ感しつつも、今さらコンプリートやめるわけにいかないチキンレース。

旧キットとかプレバンばかりの番外編出たら、また気分も盛り上がるのにな。プレバンは単色だけど、揃えるとカラフルで良い感じのはず。

あとウエハースは家族みんな飽きたので、会社で消費中。グミとかに変わったりしないかな。