Outer Rim

特にザク、グフ、ドムのMGをパチ組みしてます。ITぽい仕事してる息抜きとして。色々作ってますが、全て宝物です。

ガンダムマーカーエアブラシシステムのボタン故障

ガンダムマーカーエアブラシシステムの、ハンドピースのボタン押しても戻らなくなった。エアーが出っ放しに。。

f:id:keimann:20191016203251j:image

それはケンプファーの部分塗装のときのこと。マーカーのペン先が乾いてきたのでペン先押していたら、近くにあったエア缶に体が当たった。

f:id:keimann:20191016205108j:image

エア缶が倒れたのに気付かないまま塗装再開したら、液化ガスがブシャーっと噴出。でハンドピースのボタンが戻らなくなった。

ボタンを引っ張っても温めても直らず。もう一度ブシャーっと噴出させてみたら若干改善したものの、ボタンの戻りは悪いまま。

困り果てたところAmazonで『グリスを塗布したら解決した』とのレビューを発見。手元にあった潤滑剤をボタンの根本に吹きかけたら見事に復活!

f:id:keimann:20191016210925j:image

カチカチと心地よい音も出るようになった。状況的に液化ガスが噴出するときに、ボタンの潤滑剤を吹き飛ばしたっぽい。

とにかくハンドピース買わずに済んで良かった。もしまたエア缶は倒してしまったら、一度接続を外してチューブ内の液化ガスを抜かないと。あと毎回思うけどガンダムマーカーエアブラシシステムは名前長過ぎる。