Outer Rim

特にザク、グフ、ドムのMGをパチ組みしてます。ITぽい仕事してる息抜きとして。色々作ってますが、全て宝物です。

1/5000 スターデストロイヤー ライティングモデル

たまにはガンプラ以外のプラモデルも。発売したばかりのバンダイのスターデストロイヤー ライティングモデル。初回限定生産版ということでクリアパーツ付属。

f:id:keimann:20190824133831j:image

バンダイ ホビーサイトから引用

この赤色部分がクリアパーツかと思いきや、そこも含むパーツ全体がクリアだった。本体脇以外のクリアパーツは、中がスケスケになるのでそのままでは使いものにならない。

f:id:keimann:20190824130149j:image

つまり塗装前提の玄人向けパーツだった。このクリアパーツ使った改造の説明書が付いてたけど、ハードル高すぎてびっくり。

先日までガンプラのプラスクリア外装をパチ組みしてたので、そんなノリで本体脇の部分だけクリアパーツを使うことにした。

というわけでスターデストロイヤーのプラスクリア外装がこれ。

f:id:keimann:20190824131043j:image

何これめちゃくちゃカッコいい。。

f:id:keimann:20190824131129j:image

多少継ぎ目から光が漏れるところあるけど、裏からシール貼れば何とかなるし、ていうかそんなの気にならないくらいカッコいい。

もっと暗くして撮ってみた。

f:id:keimann:20190824131206j:image

艦橋とエンジン部分はブルーのLEDで、それ以外は白のLED。そこもまた良い。

f:id:keimann:20190824131229j:image

下に写ってる小さいのが1/5000のミレニアムファルコンとコレリアンコルベット。

f:id:keimann:20190824131237j:image

長さは32cm。重さが電池と土台抜きで約230g。MGドム(約220g)に近い。

艦橋部分をガコッと外し、中の白いカバーを外すと電池ボックスとスイッチにアクセスできる。白いカバーを外すのが中々に大変。そのうちパーツ折りそう。

f:id:keimann:20190824131259j:image

(後日追記:24時間LEDつけっぱなしにしたら、多少暗くなってたけどまだ点灯はしてた。)

クリアパーツは本体脇の溝だけ使用なので、電池外してもそんな違和感ない。

f:id:keimann:20190825122414j:image

見とれてしまうディテールと再現度の高さ。そしてライティング。これはすごいキットだ。。

以下の開発ブログも必読。

開発に一体どれだけの時間がかかったんだろうか。できれば反乱同盟軍のカラマリクルーザーやネビュロンBフリゲートあたりまで商品展開してほしいところ。